人気ブログランキング |


京都大原野にある左官業から始まった工務店「松彦」の日々の記録。http://matsuhiko.co.jp/


by matsuhikoR

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
松彦のこと
素材いろいろ
暮らしのレシピ
日々のこと
お知らせ
雑談
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 11月
more...

LINK

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

草屋根の会
at 2019-06-27 13:58
夏前に知っておきたい!紫外線..
at 2019-05-31 17:24
庭には何を植えたい?【満天星..
at 2019-04-26 17:13
快眠!自律神経トレーニング☆
at 2019-04-24 11:24
お風呂いろいろ。ユニット・ハ..
at 2019-04-08 17:54

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

画像一覧

ナラとオークのお話


こんにちは!

御無沙汰しております。松彦の美咲です!
最近暖かくなってきまして、過ごしやすい毎日ですね。
(花粉さえなければ!花粉さえ!!)
↑今年、私は本格的にデビュー致しました。

さて!!←話題の切り替えの雑さよ…
今回の話題はタイトルにもあります『ナラ』『オーク』についてお話したいと思います。
なぜ急に?
なぜか急に思いつきました。笑
たまに出てくるやる気です。←それは気まぐれ。


どんぐりの木でお馴染みの『ナラ』『オーク』
無垢の床を取り入れたい!という方に圧倒的な人気を誇るのが
この『ナラ』『オーク』なのです。
和風でも洋風でもなじみやすい優しい色合い。美しい木目。
また、見た目だけでなく傷が付きにくいというのも人気の理由のひとつです!
小さいお子さんがいるご家庭やリビングの床材におすすめです。

e0325797_10540366.jpg


さてさて、このナラとオークですが
何が違うのん?!ってなりませんでしたか。
私はなりました。なったんかい。


まぁ…平たく言うと同じなんですよね~。
同じなんかい!!すみません…ツッコミにあんまりバリエーションないんです。

日本語で『ナラ』 英語で『オーク』 といった具合です。
同じ仲間の樹種なんですが、産地によって名前や特徴が変わるそうですよ!
ややこし~

日本,中国,ロシア:『ナラ』
北欧:『ホワイトオーク』『レッドオーク』

はい、また新しいホワイト・レッドなるものが出て参りました。
頑張ってついて来てくださいませ。

世に出てきた順でいえば、
まず『ナラ』です。非常に人気が高く、流通量が少ない為
『ナラ』の代用として、北欧でとれる『ホワイトオーク』が多く流通しました。
ナラとホワイトオークは厳密には違う木ですが、色や木目にほとんど違いはありません。

ですが代用だったホワイトオークもなかなか取れなくなっており
価格が高騰し…またまた代用として『レッドオーク』が登場しました。

ナラやホワイトオークに比べ、その名の通りやや赤みがあります。
木目もはっきりしています。オイルで塗装するともっと木目がわかりやすいですよ!

うーん…『ナラ』の仲間なんですけど、『ナラ』に似てる木ってところですかね!


ちょっと曖昧で難しい『ナラと愉快な仲間たち』
床や家具に使ってみたいな~という方はぜひ御相談すださい♪←噛んだ。


e0325797_10554503.jpg
e0325797_10562302.jpg




# by matsuhikoR | 2019-03-19 14:23 | 素材いろいろ

【火入れ式】-藪下町の家-大栄窯業株式会社

こんにちは!
松彦建設 美咲です!

長らくブログの更新をしていないなぁ~
と思っていましたら、なんと!一年ほど経っておりました(汗;;

一年ぶりに何を書きますかというと。。。

【火入れ式】
先日、南あわじにあります大栄窯業さんへ行って参りました!
現在建設中の『藪下町の家』で使用致します 瓦 の
火入れ式を執り行いました。

物件に使用する瓦を焼く釜の前に立会い、
自然の恵みをいただくことへの感謝を込めて
手を合わせます。

工事の安全と建物の無事竣工を祈願して、終了致しました。

~火入れ式の流れ~
工場2階 ギャラリーにて火入れ式の段取りの打ち合わせ
e0325797_10444673.jpg
工場に移動し、窯前の立ちます。
まずは口上の唱和
そして、家づくりに込める想いを書に表します。
e0325797_11002084.jpg
e0325797_11014066.jpg
想いを綴った書を窯に入れます。
e0325797_11083436.jpg
続いて、まだ窯に入れる前の瓦に名前や想いを刻み
ともに焼いていきます。
e0325797_11143145.jpg

『祭』
家づくりとは 施主・施工・設計・職人 誰にとっても
人生の一大イベントの 祭り である。と松本は言います。
住まいても創りても楽しむことが、良い家づくりに繋がるとの想いを込めて刻みました。
e0325797_11144026.jpg
最後に、窯に火入れをして手を合わせます。
e0325797_11231507.jpg
帰りはギャラリーにて、ピアスをお土産に。
e0325797_11253337.jpg
e0325797_11231881.jpg
お読みいただき、有難う御座いました。


# by matsuhikoR | 2018-11-29 11:26

【薪ストーブ ネスターマーティンの魅力】

こんにちは!松彦の松本(美)です。

本日は我社のモデルハウスにも設置してございます、
『ネスターマーティン』の薪ストーブとその魅力についてお話していきます。

この薪ストーブのポイントは
・今までにない燃焼方法(ウッドボックス®多次燃焼システム)
・針葉樹を安心して燃やすことができる
・女性でも使いやすい


◎まず、薪が炎を出して燃えるのは
薪から出る木炭ガス(煙)が燃料となり燃える為です。🔥ボゥ

今までのストーブは煙突からの煙を少しでも減らすべく、試行錯誤してきました。
ネスターマーティンはこの木炭ガスに注目し、
効率的にガスを燃やして煙突からの煙を最小限にすることができます。

◎なぜ、針葉樹は薪ストーブに適さないのか…
それは木に含まれる油分(ヤニ)が関係します。
油分はよく燃焼するため、ストーブ内の温度を極度に高めてしまいます。
温度が高すぎるとストーブ自体を傷めてしまう為、油分の多い針葉樹は適さないとされています。

ネスターマーティンのウッドボックス®多次燃焼システムは
1000℃近くで燃焼する針葉樹を500℃ほどで燃焼できるためストーブを傷めず
安心して針葉樹を燃やすことができます。

◎今までの薪ストーブはどこか機械的…
例えるならミッション車のよう、、機械の好きな特に男性には人気がありますが
面倒な操作が苦手…という女性が多いそうです。

このストーブは扉を開けて木を入れるだけ、
今までできなかった空気量の微調節もできるため、お好みの空気量に
つまみをくるっと回すと炎の調節が楽々できるのです!

ゆらゆら揺れる炎はまるで夕日にかざしたシルクのよう
まだまだ伝えきれない魅力が沢山あります!
是非、京都サロンでご体験ください◎

misaki

e0325797_11593392.jpg





# by matsuhikoR | 2018-03-08 19:00 | 素材いろいろ

【薪ストーブのお話】

e0325797_10563773.jpg
こんにちは!
本日は最近住宅地でも多く見かける『薪ストーブ』についてお話していきます。

~薪ストーブの歴史~
石器時代から人は『火』と深く関わっていきます。暖をとったり、調理をしたりと様々…
この頃は、いわゆる開放式の暖炉や焚き火が主流でした。

箱型ストーブは1742年にベンジャミンフランクリンが開発した鉄製のストーブにより
世間に知れ渡ることとなります。
ここが薪ストーブの原点と言われています。

これだけ歴史の深い『薪ストーブ』ですが、
日本で本格的に広がったのはここ30年程だとか…(日本は囲炉裏の文化が根強く残っている為です)

~薪ストーブの魅力~
薪ストーブはエアコンには無い『遠赤外線』で部屋の中を包み込む柔らかい暖かさがあります。
その優しい熱は天井や床に蓄熱し…ゆっくりと放熱していきます。
ですので一度暖まった部屋は冷えにくいのです!

また、箱の中で揺れる火は見ている人の心を癒してくれます。
近年はガラス面をより大きく、シンプルにすることで
より赤々と燃える火を堪能することができます。🔥


~薪ストーブの種類~
薪ストーブは第1世代・第2世代・第3世代と進化を遂げています。
それぞれに特徴があり、特に燃焼方式が異なります。

他にも、輻射式と対流式。
部屋の暖め方が異なります。

知れば知るほど薪ストーブの魅力に取り付かれていきます◎◎
次回は京都サロンの薪ストーブ『ネスターマーティン』をご紹介したいとおもいます!




# by matsuhikoR | 2018-02-20 10:54

☆薪ストーブ☆

こんにちは110.png

近頃ぐっっと寒くなりました!!
こんな日は…
薪ストーブでほっこりしませんか♪

e0325797_17494371.jpg
ユラユラ揺れる炎…
癒されます…
e0325797_17503746.jpg
着火もお手入れもとっても簡単です♪


# by matsuhikoR | 2017-11-01 17:55